荒っぽく生きるLIFE

凛と時に荒々しく生きるメッセージ!HOTでCOOLなワイルドBりょうの記      

ホンダセンシングで運転支援。HARDな高速道路も楽々ドライブ!!レーンキープ凄っ!

ホンダセンシングは、Hondaが誇る運転支援システム。

 

2018年現在、自動運転化に向けて、安全装備の技術開発が進められている訳だが、その機能はかなり実用的で高速走行ではドライバーを手厚くサポートしてくれる。

 

フロントカメラとグリル内に設置されたレーダー。ホンダセンシングは、この二つのセンサーから構成されたシステムで、誤発進の抑制や衝突軽減ブレーキ、歩行者の検知など他にも様々な安全装備を持っている。

この二つの センサーが雨にも強いと言われている。

 

N-BOXやフィット、ヴェゼルなどほとんどの車種に搭載されている。

※オプション、グレード要確認。

www.ryo0820.xyz

 

Hondaの安全意識

f:id:ryo-oD:20181124214354j:plain

ホンダといえば安全意識が高い。

創業者の本田宗一郎は安全についてこんなエピソードがある。

 

「社長!新しい車のアンテナです!ラジオのスイッチと連動してアンテナが伸びてくるのです」

すると、目の色を変えて

「バカヤロー!!子どもの目を突いたらどうするんだ!」と叱りつけた。

 

以後もホンダはエアバッグの普及に努めるなど、安全意識が高く創業者の意を受け継いでいった。

 

ホンダセンシングは業界では1、2を争う安全装備だ。

 

 

ホンダセンシングでの高速走行の使い方

ホンダセンシングのもう一つの強みに、高速走行の運転支援システムがある。

 

車速設定(ACC)と先行車の追従。そしてもう一つが車線維持(LKAS)だ。

 

この二つをセットにして高速道路を運転するのだが、これがビックリするほど使える。

 

f:id:ryo-oD:20181201154853j:plain
f:id:ryo-oD:20181201165305j:plain

使い方は簡単。ボタンの表示通りで直感で操作できる。

MAINスイッチを押してセンシングを起動。するとマルチインフォメーションディスプレイに緑色のACCとLKASが表示される。

 

SET-で車速開始(ACC)。その後はRES+ / SET-で車速を設定出来る。

車間距離(ディスタンススイッチ)を押す度に100km/hで約30m~80mの4段階切り変わる。

 

レーンキープ(LKASスイッチ)でシステム待機状態(表示は点線)。65km/h~100km/hで車線を検知(表示が点灯)して車線維持になる。

 

ホンダセンシングで高速走行スタート

f:id:ryo-oD:20181202134617j:plain

運転アシスト開始だ。

画像は車速95km/h、車間距離をMAXのレーンキープを設定!

センシングが自動でアクセル、ブレーキ、ハンドルをコントロールしてくれる。

肩の力を抜いてステアリングに手を添え、前方を確認すれば、100kmでも200kmでも走ってくれる。うわーめちょんこ楽だー!!

 

車線変更をする時はウインカーを出せば、一時的にレーンキープ解除。

 

運転技術がここまで進歩してるなんて!凄い!

 

ただしシステムを過信しないように。ちゃんと前を見て、いつでもマニュアル運転出来るようにしておくこと!ハンドルから手を離せば警告音が知らせてくれる。

 

 

最後に

これから車を替えるなら欲しい機能が安全装備!搭載車は自動車保険も割引がありメリットが大きい。

 

ホンダ、先進技術のセンシングは絶対オススメ!

 

 

www.ryo0820.xyz