荒っぽく生きるLIFE

凛と時に荒々しく生きるメッセージ!HOTでCOOLなワイルドBりょうの記      

体脂肪率9%でこんなもんか…シックスパックになる為に必要なのは体脂肪率と筋肉量と何なのか?

f:id:ryo-oD:20180916163047j:plain

筋トレをする目的は人それぞれで健康のためというのは共通だと思う。その中でも判りやすく、納得できる目標としてシックスパックを掲げるのも多い。

 

一般にシックスパックになる体脂肪率は15%以下、9%以下でかなり割れると言われているが実際のところはどうだろうか?

 

今回、肉体改造に励んでいるRさんを例に考えてみたい。

 

体重、体脂肪率から筋肉量を計算

f:id:ryo-oD:20180916164416j:plain

体重56.9kg 身長165cm 体脂肪率9.3% BMI 20.9

タニタのヘルスメーターにて計測

 

正直にシックスパックではない。

では、筋肉量が少ないのだろうか?

 

おおよその筋肉量は以下で計算できる。

 

1.体重×体脂肪率=体脂肪量

2.体重-体脂肪量=除脂肪体重

3.除脂肪体重/2=筋肉量

4.筋肉量/体重=筋肉率

 

Rさんの例を当てはめてみる。

1.56.9×9.3%=5.2917

2.56.9-5.2917=51.6083

3.51.6083/2=25.80415

4.25.80415/56.9=0.4535

 

以上から、およそ筋肉量26kg 筋肉率45%と算出。 

平均筋肉量22kg 筋肉率39%以上で高いと言われており、数字上は筋肉質であるといえる。

詳しくは「シックスパック 体脂肪率」「筋肉量 計算」で検索でして頂ければ。

 

 

個人差が大きい

数字上はアスリートのデータに近いものがあるが、ムキムキバキバキではない。

なぜだ…orz

 

もともとRさんは痩せ型体質で、肉体改造前は体重52kg 体脂肪率8%台。

現在はトレーニングと食事で体重を増やそうと励んでいる。

血のにじむような努力の末の体脂肪率9%ではないので、アスリートとはベースが違う。人間個人差があり数字は目安にしかならない。

 

ネットで出てくる体脂肪率9%以下のムキムキバキバキの男はかなり誇張していると思える。

 

鍵はインナーマッスル

とはいえ、お腹周りの筋肉が少ないとも考えられる。なので腹筋周りをバリエーションを増やして強化したい。

 

それともう一つ、インナーマッスル、最近の言葉で「体幹」というヤツ。

バランス力や体力など日常生活においても重要な役割を果たす。

 

浮き輪をイメージして貰えればわかるが、内側と外側の2ヶ所空気を入れる所がある。両方ともしっかり膨らまさないとパンパンにはならない。

 

 

自分のインナーマッスルを簡単にテストする方法

 体幹は美しい姿勢にも繋がるので、女性の方にもぜひオススメしたい。

 

1.仰向けになって膝を90度に曲げる。

2.膝と膝の間隔を20cmくらい空ける。

3.手をももの付け根に添える。

4.ゆっくり手を膝へ向かってスライドさせて起き上がる。

 

起き上がれれば成功。 

自信を持って挑んだが、結果は全然ダメだった。

7割の人が出来なく、これができたら相当体幹があるといえる。

 

 

 

まとめ

結局のところ、身体は個人差によるものが大きく、肉体改造においてこれといった正解の数字はない。

自分で定めた目標を一つずつクリアしていくかにかかっている。

 

シックスパックにおいては外側だけでなく、中身もしっかり鍛える必要があると考える。なにごとも外観と同じだけ中身も重要だと考える。

 

 

www.ryo0820.xyz

 

www.ryo0820.xyz