荒っぽく生きるLIFE

凛と時に荒々しく生きるメッセージ!HOTでCOOLなワイルドBりょうの記      

【DIY】ワイドで頑丈!配線作業にも特化したオーディオラック!

空いたスペースには、埋めようとする力が働く。

 

先日、家のリビングのTVが壊れた。そこでマイルームのTVが進呈される事となった。

初めのうちは僅かな寂しさがあったものの、直ぐにTVのない生活も安定軌道に乗った。

やがてそこにある力が働きだした。

 

諸行無常

視覚から聴覚へ。

 

ロフトに置いてあるオーディオがうずき出した。

 

 

 

1.コンセプト

TVが置いてあった位置にオーディオ専用のラックを置く。

そのためのプロジェクトを立ち上げた。

 

まず専用のオーディオラックを作る。

コンセプトがなければ、いいものは出来ない。

そこでコンセプトから協議する。

 

その結果、

コンセプトは【ワイドで頑丈!配線作業にも特化したオーディオラック!】に決まった。

 

スピーカー、プリメインアンプ、プレーヤー・・・上質な音を出すためにはどうしても機器が大きくなる。

さらに音の性質は振動で劣化する。だから、頑丈にしておく必要がある。

と同時に、配線の取り回しの利便性も考慮しなければならない。

 

 

 

2.材料

f:id:ryo-oD:20180722103746j:plain

SPF 1x4材 1820mm 238円 15本 計3570円

SPF 2x4材 1820mm  348円  3本 計1044円

水性塗料 アッシュホワイト 0.7L 980円

水性塗料用刷毛 148円 2本 計296円

キャスター 158円 4コ 計632円

タッピングネジ 218

 

合計 6740円

 

家から一番近い、ホームセンター コーナンで揃えた。昭和感のある、古びた雰囲気だが、以外に品揃えが良く、価格も良心的。何よりアットホームなところが気に入っている。

 

尚、木材カットは全て店に木取り図を見せて依頼する。寸法、断面の直角度も自作業よりも断然正確になるし、作業時間の大幅短縮になる。

 

 

3.塗装

親子のコミュニケーションと技術向上の為、小6の息子に声をかけて二人で作業。

目標は午前中に仕上げる。

 

木材のバリ取りと塗装の役割を分けて流れ作業。

後に二人で塗装、二度塗りとしていった。

f:id:ryo-oD:20180722130823j:plain

 

カラーはアッシュホワイト。南国をイメージ。

 

7月のこの時期は暑いので乾燥しやすいため、塗料に水気を含ませる。

 

初めは気にしていた駐車場に付着した塗料。段々「水性だから簡単に落ちるだろう」と甘くなる。後にそう簡単には落ちない事に気付く。嫁には「後で取るから」と言って濁す。

 

作業は何とか午前中に仕上り、昼休憩を挟み、塗装が乾いたところで昼からの組立作業になる。

 

 

4.組立

乾燥した木材をマイルームに運び、作業開始。

f:id:ryo-oD:20180722132647j:plain

格パーツを木ネジで組み合わせていく。

 

 

f:id:ryo-oD:20180722133202j:plain

木ネジを打つ部分には下穴を空けておいた方やりやすい。木割れを防ぎ、確実性が増す。

R流はダンボールの切れ端を使って下穴用のガイドを作る。

4角に下穴を空ける。これで統一感が出て作業も早くなる。

 

f:id:ryo-oD:20180722133916j:plain

二時間程で枠組みが完成。

 

 

f:id:ryo-oD:20180722142153j:plain

裏返してキャスターを付ける。このキャスターがあることで、オーディオには不可欠の背面のケーブル作業がしやすくなる。

 

「見えない部分もしっかり作りこめ」という、スティーブ・ジョブズに言わせれば笑われるが、あえて棚板の裏は塗装していない。

時間も限られている。割り切るのも必要だ。

 

 

f:id:ryo-oD:20180722142717j:plain

最後にマルチタップを固定。これがあるととても便利。こういうカスタマイズが出来るのもDIYの醍醐味である。

 

 

 

5.完成

f:id:ryo-oD:20180722164135j:plain

純白リゾート感ある、【ワイドで頑丈!配線作業にも特化したオーディオラック】だ。

 

奥行き450mm x 幅1480 x 高さ710  

キャスター、マルチタップ付き。

フレームは2x4材を使っているのでガッチリ。

ビスはシルバー剥き出しがアクセントになっている。

 

f:id:ryo-oD:20180722165054j:plain

とりあえず置いて雰囲気を確かめる。

悪くない。

リゾート地の高級感が少し漂った。

 

ここからオーディオセッティング編へと続く……