荒っぽく生きるLIFE

凛と時に荒々しく生きるメッセージ!ワイルドブロガーりょうの記      

星に刻まれし英霊たちの記憶にアクセス

こんにちは。

りょうです。

 

先日、i phoneでプレイしていたスクウェア・エニックスRPG『ケイオス リングス3』を一年程かけてようやくクリアした。

  

CHAOS RINGS Ⅲ

f:id:ryo-oD:20180620112659j:plain

星を捕食とする絶対的存在、エンティティが次のターゲットにしたのが、マーブルブルー(地球)だった。

主人公たちエクスプローラーは、マーブルブルーを護るため、ジーンの力を使ってエンティティに立ち向かうのであった。

 

 

ジーンとは星の記憶

ジーンとは星に刻まれた英霊の力のこと。

 

ゲーム中では、「ネロ、カエサルスパルタカス……イシュタル、ヒッポリュテ、モリガン……」など歴史に名を残した人物や、神話やおとぎ話なども出てくる。

 

星に刻まれた英霊の記憶に触れることで、ジーンを手にすることができる。

そして、より多くのジーンを手にすることでレベルアップしていく。

 

 

最近読んだ記事

最近読んだ記事でとても良かった記事がある。

lrandcom.com

 

記事には

ミーハーな自己啓発本なんかよりも良質な本を読め。

例えば、伝記を読んだら、自分の中に眠っている遺伝子を一つONにできる。

 

こんな内容が記憶に残っていた。

 

世の中、商業目的の本は溢れ返っているし、同じ著者の自己啓発本は似たりよったりだ。書店に並ぶ、ビジネス書の新刊は全く読む気にならない。

 

一方、名作と呼ばれ、語り継がれた本には、何かしらあると思う。

 

 

技術に触れ感じる

2011年の話だが、初めて手にした『iphone 4』の事を今でも鮮明に憶えている。

統制された角のとれた四角いアプリを起動すると、片手にジャストフィットする端末の中で情報が滑らかにスクロールしていた。そして、あの角のとれた四角が描かれたホームボタンを押して、そして又アプリを起動する。

スペックはさっぱりだが、あの時は「アップル凄い!ジョブズ、天才!」などと感動して浮かれていた。

 

他にも、創設者、本田宗一郎のホンダの車も思い入れが深い。

 

こうした偉人が残した技術に触れる事でも、僕たちは力を得られるのではないか。

 

そう、僕たちの身の回りには多くの英霊が宿っている。

 

「星に刻まれし英霊たちの記憶にアクセス」