荒っぽく生きるLIFE

ワイルドブロガーりょうの記 言いたいことはいっておけ

家の雑草がヤバイ!山善の家庭用草刈機で除草作業、その威力は?

うちの裏庭の雑草、放置し過ぎました。

 

毎年、何度か手作業で除草していたのだが、今年はサボりその間にも雑草は勢力を拡大し、いよいよ手がつけられなくなった。

 

f:id:ryo-oD:20170813110928j:plain

正に無法地帯。

事態収拾のために、ヤフー・楽天・アマゾンと緊急会議。

 

そこで投入されたのが、山善の家庭用草刈機「刈る刈るボーイ SBC-280A」だ。

山善は日本の老舗メーカー。

工作機械から今では生活用家庭機器まで取り扱っている。

f:id:ryo-oD:20170813111302j:plain

楽天ランキング1位のこの製品。

我々はこの少年に希望を託すことにした。

 

特徴は「鋸爪ブレード」金属製でないため、

ブロック塀や建屋に当たった時のダメージが少なく、静音性が高い。

 

そこらの雑草ならこれで十分刈ることができる。

ただし、茎が直径1cmを越えるような夏草には、複数回攻撃しなければならない。

 

威力を上げたいなら別売りの金属製チップソーを選択するのもよい。

 

 

いざ作業開始。威力、騒音ともに問題なし。

・威力については図太い茎にてこずったが、家庭の庭程度なら十分だろう。

塀や建屋の際なども、鋸爪ブレードなので強気に攻められる。

 

・作業範囲は標準仕様で100vコード長10mになり、物足りないだろう。

うちの場合は15mの延長コードを持っていたので、計25mでその点はクリア。

なければ届かなかったところだ。

 

・操作性については、総重量2.6kgとあり、お世辞にも軽いとは言えない。

補助ハンドルの位置を下目にして、なるべくひじを曲げて持ち上げる動作を少なくし、肩掛けベルトを装着して軽減を図る。

又、右手の運転スイッチと安全スイッチの二箇所押しがまた疲れる。

この点は安全上やむを得ないので、作業は休みながら進めることになる。

 

・騒音に関しては本当に静かだと感じた。

近所の畑のおっちゃんが使っている、エンジン式の草刈機は金属製ブレードはやかましく、あくまでそれと比べての感覚だが。

これなら、ご近所様に対して気にならない。

 

 

 

草刈完了。後処理は?

f:id:ryo-oD:20170813190244j:plain

長袖長ズボンに保護メガネで汗だくになりながらも、草刈完了。

 

さて、問題はこの刈った草の後始末だ。

伸びすぎた大量の草。もっと早くやっていれば、後始末も楽だった。

 

方法は3つ。

①放置。一番楽だが、景観的に気になる。

②埋めて腐葉土にする。そんな元気は残っていない。

③回収して可燃ゴミとして処分する。

 

今回は③を採用したい。ただし、手作業ではかなりの重労働。

熊手が欲しい・・・。

 

千吉 ポリ熊手 NO.3

これこれ。

うちはこれが無かった!!

 

という訳で、とりあえず①の放置からの熊手を入手次第回収することに。

 

 

最後に

山善「刈る刈るボーイ」は成功した。

 

女性でも休みながら使用すれば十分使いこなせると思う。

 

教訓として、一気に片付けてしまおうなんて思わず、

定期的にやるべきということ。

 

何事も気付いた時に、計画的にやりましょう。