荒っぽく生きるLIFE

ワイルドブロガーりょうの記 言いたいことはいっておけ

引きこもりがちな息子を夏休みに遊びに行かせる!

こんにちは。りょうです。

 

いやー熱いですね。

もう夏ですねえ!というわけで夏休みの計画を練っていたところです。

 

f:id:ryo-oD:20170623220244j:plain

うちには小学5年の息子がいるのですが、こいつがなかなか困ったヤツ。

内気で友達も自分からなかなか誘えないヤツで、家でノートパソコンばっかりやっている。

 

なので、夏休み遊んで来い!ってことで、いろいろ企画を探してきたんです。

 

 

1.化石発掘ツアー!

 お!いいのあるじゃん!こういうの行ってきてほしい。てか、僕が行きたい笑

息子は「前にやってみたい」って言ってたし。 

 

嫁も「いいの見つけたね!」

とノリ気で息子に「行っといでよ!」って。

 

そしたら、案の定

「え?やだ。行かない」

 

見知らぬ地へ行くことに対し、不安が先に出て殻に閉じこもる。

考えすぎて前に進めない典型的タイプ。

 

我が家は毎度のパターンに陥った。

 

 

2.毎度パターン

今までのパターンからすると、このあとの展開は、

 

ウジウジしている息子にしびれを切らし、

 

「もう嫌なら行かなくていい!やる気ないヤツが行っても迷惑かかるだけだわ!」

 

「・・・・・分かった。行く!」

 

「もう行かなくていいって」

 

「行く!」

 

「いい」

 

「うわあああああ!」と収集がつかなくなるパターン。

 

毎回これが疲れるんだ。

だから最終的に行くにしろ、この工程をどうにかしたい。

 

家族がステップアップするための課題だ。

  

 

3.やさしい大人になる

つい最近、子育てについての記事

こどもが伸びる【ユダヤ式教育】 実践出来そうなものをまとめみた★ - 荒っぽく生きるLIFEをUPした手前、「これじゃあかん」と思い、作戦を立てていた。

 

まず、この場面で必要なこと、それは……

 

子どもの話をしっかり聞くこと。

 

「どうして嫌なの?」

 

もの凄くやさしくなって聴いた。

 

これが大人対応ってやつなのか、息子が断る正当な理由がないことは分かっている。

息子には逃げ道がない。こうなったら恐い。

 

行くか、行かないか。

前に進むか、現状維持か。

 

行きたくない理由は「不安」臆病なだけだ。

 

 

「・・・行きたくないから」

 

「どうして?」

 

「・・・」

 

息子は断る理由を言わない。

何も言えないでいる。

今までだったら、しびれを切らしてサジを投げていただろう。

が、今回は違う。

力を抜き、余裕を持っての対応。

  

 

この時間、もの凄く脳内処理をしている。

 

バンジージャンプで飛ぶ前の心の準備みたいなものだろう(やったことないけど)

 

 

 4.決心して

「分かった、行くよ」

 

それ以外は何も言わなかった。プライドもあるだろう。

言いたくなったら言ってくれればいい。

 

ただし、その機会はこっちから作ること。

ちょこちょこ声をかけてやればいい(僕はそういう人を慕ってしまう)

 

欲を言えば、こんくらいのこと「行く行くー!」って瞬間で決めて欲しいけど、

ま、こじれずにいったからよしでしょう。

 

 

5.最後に

今までサジ投げて、余計なエネルギーを消費してたこと思えば、

少しは僕も息子も成長できたかな!きっと。

 

決心するのって時間がかかる。だから、余裕を持って接する!

 

少しずつ成長していけばOK!一緒に成長していこう!

 ということで…

 

ありがとうございました!