荒っぽく生きるLIFE

凛と時に荒々しく生きるメッセージ!HOTでCOOLなワイルドBりょうの記      

誰でも出来る☆アイデアが降ってくる「瞑想法」と健康管理!!

こんにちは、りょうです。

皆さん瞑想というと堅いイメージがあると思いますが、実は決して難しくなく本当はもっと身近なものなのです。

 

瞑想は誰でも出来るもので、瞑想中はとてもリラックスしている状態です。このような時に次々と良いアイデアが浮かんでくるものです。

 

 

瞑想のイメージ

f:id:ryo-oD:20180904224611j:plain

瞑想というと今でこそ、ヨガやマインドフルネス、禅などわりとポピュラーになったと思います。

 

私自身も、呼吸を整え、心を鎮め、ストレス解消をと思い、座禅を組んで瞑想をしていました。

 

しかし、これがなかなか続かない!時間は長く、直ぐに雑念が湧いてくるし、足はしびれてくる…。修行が足りないと言えばそれまでですが難しいです。

 

 

色々な瞑想法

瞑想とは色々なやり方があります。

例えば、何も考えないようにする、好きなこと考えてよい、座禅を組んで行う、椅子に座って行う…

 

スピリチュアルでは、願う、祈る、誓う、そういったものも含まれます。

このように瞑想とは様々なやり方があるのです。

これを分かりやすく一言で纏めてしまうと「自分にとって頭の中を良い状態にすること」ということではないでしょうか。

 

では、どのような状態が良い常態か。

 

その一つが「歩く」ことです。 

歩くことで自律神経が整えられ、アルファ波が出てきます。こうして瞑想状態へと入っていきます。

 

歩く瞑想のやり方

型にはまった「ウォーキング」のような腕を振ったりとか全くありません。

 

ただ歩くだけ、散歩です。

 

距離や時間は人それぞれですが、一般に30分~1時間くらい歩くのが、瞑想としても又健康管理にしても良いと思います。

 

歩くことはハードな運動ではないので、足腰の負担も少なく誰でも始められるものです。 有酸素運動としても効果的でダイエットにも適しています。

 

瞑想状態に入ると、次々と頭の中からアイデアが降ってきます。

そうなると足が止まりません。

 

片手に本を持ったまま街中歩いたりして、気ままに出来るのが歩く瞑想の長所です。

 

 

 

 

知人やパートナーとも出来る 

アップルのスティーブジョブズの話ですが、ビジネスの話をするときは、良く歩きながらしたそうです。その方が話がうまくいったのでしょうね。

 

私の話ですが、先日友人と川の土手を歩きながら話をしていたのですが、とても盛り上がりました。夕日に照らされながら、雰囲気がとてもあって話が弾みました^^一緒に歩くことで波長が合っていくのかもしれませんね。

 

夫婦で散歩も素敵なこと。いつまでも夫婦で歩んでいけたら素晴らしいですね。

 

 

「好きなときに、好きなように、好きなだけ歩く」

f:id:ryo-oD:20180904225036j:plain